7月の選択肢

Eastern Bluebird with aquatic insect #3

僕は中学3年の途中から不登校になりました。
正確に言えば7月です。
今ぐらいの暑い時期でした。
学校にいる間ずっと続く吐き気と動悸で、家でも食事が喉を通らないため、飲む栄養補給剤としてエンシュア・リキッドというものを飲んでいました。

これが不味いのです。
北野武もバイク事故の後、食事が出来ない時期にこの飲料を管で胃に流していたと聞きました。
医者から1日2缶飲むように言われたのですが、辛い修行のようでした。
一口飲んだ時点だと「アイスクリームみたいな味で美味しい」とみんな口を揃えて言います。
しかし、毎日飲んでいるとだんだんその中に含まれる鉄などの金属性の臭みがわかるようになってきて、匂いをかぐだけで吐き気がしました。
ちなみに価格は1缶1000円、保険適用で330円します。
学校でも家でも一日中えずいているために、弁当を食うのもエンシュア・リキッドを飲むのも苦痛でした。
そのため、夏は気を抜くとすぐ脱水症状になって点滴されていました。

そんなこんなでちっとも楽しい記憶のない中学生活だったのですが、ちらほら学校でじゃれ合うくらいの友達はいました。
こんな体質じゃなかったら、もっとそれなりに楽しめたんじゃないかとは思います。
当時僕以外にも不登校になった生徒が1人いました。
その子はどうしてるのかなあとずっと気になっていたのですが、大学で再会した友達に聞くと、その子はその後すぐに自殺して亡くなってました。
子供にとって学校に行かないという選択肢は人生が終了したような気分になるものです。
しかし、それでもふてぶてしく生きていたいです。
急がなくても人生はあっという間ですから。

この記事も読まれています。

スポンサー広告

← Previous post

Next post →

4 Comments

  1. コビー

    うはっ…一番上のコメントごめんなさい!二番目のコメントもなんか意味ワカラン長文やし、すっげえかっこつけた感やばいっすねm(_ _)m逃げづにって書いたけど結局音楽とバスケに逃げてます。
    乱文失礼しました。

    • 元カノと別れる時に非難されましたか?
      相手からすると「わけわかんない!極悪非道!」みたいに思われることありますからね。
      一回ドロップアウトすると、のちのちまで響きます。
      立ち直る人もいるのですが、どんどんダメになっていく人もかなり多いです。
      俺も先を信じたいです。

  2. コビー

    こんばんは!

    今の自分と同じ年齢の時ですね…
    自分も体調は崩しやすいのですが、食事が喉を通らないなんてことはあまり無かったので、自分なんてまだまだ恵まれてます…中学校で、そうなると結構辛いですね….

    自分のクラスでも一人不登校の人がいるんですが、そいつは今までどおり普通に通学してたんですけど、いきなり不登校になって…理由は本人から言いたくなさそうなので、周りも聞いたりはしませんでしたが…

    なんにしろ、そいつは自分と同様に川釣りが好きなで、友達誘って今でも時々釣りしたりしたりしてます。
    しょーもない私事ですが、一回元カノとのゴタゴタで女子を敵に回して辛くなって学校行きたくなくなるときもありましたが、なんだかんだいって最後は仲直り出来ました。
    やから辛い時とか、いくら頑張っても結果がでなくて、前が見えなくてもひたすら先を信じます。
    出来るだけ逃げずに。

  3. コビー

    こんばんは

コメントを残す

© 2016 POTI.ONE-ONE / ぽちわんわん