「人生においては、5年後のことを予想するのも難しい」とよく言われる。
僕もまったく同感だ。

5年前の2011年の暮れ、僕は“中古品の価格を比較して買い取りするサイト”の制作を請け負っていた。
なんじゃそりゃという感じだけど、その当時はもちろん真面目に取り組んでいた。
5年経つと、「はて、サイト制作とな?」というとぼけ具合である。
いまでも、ブログをいじったりはしているけど、それを仕事にする気はまったくない。
むしろ毛嫌いしてる。
同業の作家からネットショップあたりのことを頼まれることもあるんだけど、「もうやる気ないんですよ、スンマセン」と断っている。

こんなんだから、10年以上同じことを続けているひとは本当にすごいと思う。
自分は5年後、何やってるだろう?
いまやってることを続けられていたらいいけど、ちがうことをやっていても、器用にやれてるならそれでいい。

魚は水の流れに沿って泳いでいく。
最後まで泳ぎ渡れるなら、たとえ陸に上がれなくても構わない。
できれば楽しく泳ぎたいけど、苦しくても仕方がない。

この記事も読まれています。