2013年は夏映画が不作なのである。

Lazy king Yawning

2013年、今年の夏映画が個人的には不作です。

「パシフィック・リム」「ワールド・ウォーZ」

まず、今年の2大SF映画である「パシフィック・リム」と「ワールド・ウォーZ」が全然面白くなかったのです。
これで僕は一気にトーンダウンしました。
あの完璧な予告編はなんだったのか…。
設定やCGはいいのですが、脚本がとにかく物足りない。
緊迫感がなくて、だらだらしているのです。
どちらもお金がかかってそうで、とにかくもったいない。
やはり映画は金ではありません。

「エンド・オブ・ウォッチ」

犯罪多発地区の警察官の数日を再現した映画です。
思った以上にドキュメンタリー要素が強く…要はそんな大したことも起きません。
生活感が出てるので、「新宿警察24時」のようなテレビ番組を観てるような気分になります。
そういうのが嫌いではないのですが、映画館でお金出して観る映画かと聞かれると微妙です。
ビデオで十分じゃないでしょうか。

「終戦のエンペラー」

第2次世界大戦直後のマッカーサーと天皇を描いた作品です。
まあまあ面白かったのですが、ドラマチックな部分が少ないので、エンターテーメント性はとても低かったです。
戦争に興味がある人には知ってる内容でしかないし、興味がない人は寝ちゃうような内容です。
舞台は日本ですが、あくまで洋画なので外国人向けに日本の終戦直後を解説しているんでしょうけど。

「風立ちぬ」

世間では好評価のようですが、僕は観ていません。
「他の映画が面白くないなら、素直にこれを観とけ」という感じですが、「ハウルの動く城」をきっかけに宮崎アニメを観るのはやめたので観ません。

「タイピスト」

ロマン・デュリスが好きなので、ちょっと観てみたいのですが、タイプライターの映画か…という思うとイマイチ観る気力が湧きません。
こういう気取った映画は余裕があるときに観ないと、なぜか僕はパワー持っていかれるんですよね。
クソ暑い夏はこれぐらい冷めた気分がちょうどいいのかもしれませんが、映画にはしがない一日を一瞬で夢心地に変える魔力があると思うので、やっぱりやっぱり面白い映画が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*