今年公開の映画8本と日本未公開でDVDレンタルが始まった映画10本を紹介します。
こうやって並べると、いかに自分の趣味が悪いか、如実に現れますね。

「ゼロ・ダーク・サーティー」

イラク戦争後、数年に渡り指名手配されていたオサマ・ビン・ラディン氏が殺害されるまでの米軍女性司令官の奮闘を実話ベースで映画化しています。
衛星やネットを中心に、時には人海戦術を使いながら、「絶対に見つからない」と言われていた人物を追い詰めます。
この映画を見てると、どこにいても見張られてんだなと高度情報化社会の恐ろしさをひしひしと感じます。
日本の警察も犯人の通話地点を数ヶ月さかのぼり、犯行現場を特定したりするらしいです。
映画を観終わると、「ここまでして捕まえる必要あるのかなあ」と思っちゃいましたが、とても興味深い作品です。

ゼロ・ダーク・サーティ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
Happinet(SB)(D) (2013-09-03)
売り上げランキング: 202

「フライト」

墜落確実の状態だった旅客機を神業的な操縦で着陸させたというパイロットの話です。
これも実話の映画化です。
乗客の命を救ったヒーローとなるはずが、運転時に飲酒運転だったことがバレて話が変わってきます。
この映画はタイトルは「フライト」とありますが、飛行機の話はそんなに重要ではなく、中年の孤独なおっさんの人生のやり直しがメインの話です。
主演のデンゼル・ワシントンが老いてきただけに、このかっこ良くない役にぴったりとハマっています。
観終わった後に自分自身も前向きになれるような良作です。

フライト [DVD]
フライト [DVD]

posted with amazlet at 14.02.17
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013-11-22)
売り上げランキング: 2,371

この記事も読まれています。