今年は小難しいものよりも展開・オチを大切にしたわかりやすい映画を多く観ました。
気取った作品もいいのですが、どんな映画でも最低限のエンターテインメント性はほしいものです。
理由はわからないのですが、ここ数年、スペイン映画に面白い作品が多いです。
なぜでしょうね。

この記事も読まれています。