No.6「トランス」

催眠療法をテーマにしたクライムサスペンスですが、舐めちゃいけません。
催眠をここまで面白く使った映画は他に知りません。
邦画の「催眠」の100倍面白いです。
とにかくどんでん返しが多く、観ていて飽きないすさまじい脚本。
あんまりヒットしてないのが不思議です。

No.5「みなさん、さようなら」

生まれてから1度も団地の外に出かけたことがない男の話。
映画のジャンルが突然途中で変わるという、インパクトだけだったら今年ナンバーワンの映画です。
全編に溢れているノスタルジーな世界観に昭和釜は涙が止まりません。
見た後、実家に帰りたくなる一本。

みなさん、さようなら [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2013-06-05)
売り上げランキング: 19,228

この記事も読まれています。