たまには凹んでみませんか。

泣いてる男
大切な人が死んだときに音楽やいろんな芸術が発表されることが多い。 トリビュートなんちゃらみたいな作品群。 それだけ強い想いがあったってことなんだろうけど。 俺はそれが好きくない。 人生の出来事を何でもかんでも芸術の肥やし…
View Post
Share
View Post

シンガーソングライターの憂鬱

エレファントカシマシの新曲をなんとなく試聴しながら、そのますますねちっこくなった歌声に「ああ、この人も歳食ったなあ」なんて歌の意図とは違う意味で感傷に浸ってしまいます。 新曲が新曲に聴こえないんです。 楽曲を制作する人間…
View Post
Share
View Post

アセクシャルってどういう人?

「アセクシャル」って僕自身がゲイであるせいか、結構慣れ親しんでいる感のある言葉です。 そうして見慣れているかというと、「ゲイ」について調べれば横に並んで記載されていることが多い言葉だからです。 そして、今まで会った人のな…
View Post
Share
View Post

奇跡の声を考える。

てんとう虫。 いま居ました。天井に。 なんかひさしぶり見ました。 どうも、こんばんわ。 たかひんです。 今日、あるアーティストの紹介記事を読んでたらですね、「奇跡の声」ってどーんと見出しが出てまして。 「奇跡の声、遂にデ…
View Post
Share