結局今年一番聴いたのはなんとまあsoul’d outだったんだけど、それはあまりにもかっこ悪いから除外しました。

第10位 TK from 凛として時雨「flowering」
今まではいまいちハマれなかった凛として時雨ですが、今回のソロワークはとても聴きやすく、アレンジもかっこよくて外出中によく聴きました。
これ以上の作品をこの人はこれから作れるのかな。
flowering(初回生産限定盤)(DVD付)
TK from 凛として時雨
SMAR (2012-06-27)
売り上げランキング: 1081
第9位 EA「METEO」
チップチューン満載のピコピコ男女ユニットのデビュー作。
坂本龍一が褒め称えてたわりに、知名度は恐ろしく低いです。
まあ今さら感はあるけど品が良くて大変よろしい。
METEO
METEO

posted with amazlet at 12.12.14
EA
BounDEE by SSNW (2012-05-09)
売り上げランキング: 158840
第8位 Leona Lewis「Glassheart」
地味なジャケットに合わせたかのように地味なプロモーションで地味なチャートアクションになってしまった20年に1人の歌声の歌姫の3枚目のアルバムです。
こんなに…こんなに粒曲揃いなのに、もったいない。
彼女が現状に満足しているわけではないので再ブレイクを目指してこれからもコンスタントに活動してくれることを祈ります。
Glassheart: Deluxe Edition
Glassheart: Deluxe Edition

posted with amazlet at 12.12.14
Leona Lewis
Sony UK (2012-12-04)
売り上げランキング: 5725
第7位 Damon Albarn「Dr Dee」
やってくれました!
デーモンさんの気まぐれで出したようなソロ作。
趣味が全面に出ていて「僕は何やっても最低ラインは売れますんで」というやりたい放題な感じで最近の音楽市場の流行やリスナーのことなどまったく無視してる感じ素晴らしいであります。
デーモン信者しか聴いてられない決して人に薦められない作品。
Dr Dee
Dr Dee

posted with amazlet at 12.12.14
Damon Albarn
Virgin Records Us (2012-05-07)
売り上げランキング: 62179
第6位 Christina Aguilera「Lotus」
モグさんが大ファンのアギレラさん。
毎日毎日家でかかってるから自然に愛着も沸くというものですが、このアルバムは好きな曲がたくさん入ってます。
激太りの彼女。
見かけの劣化とは正反対に楽曲の質は向上している。
彼女はこれからどこへ向かうのでしょう。
Lotus
Lotus

posted with amazlet at 12.12.14
Christina Aguilera
RCA (2012-11-13)
売り上げランキング: 274
第5位 安藤裕子「勘違い」
できちゃいました。の安藤裕子謎の産休からの復帰作です。
そんなに乗り気で聴き始めたわけじゃないけど、結構いいかも…でかなり聴いてしまった良盤。
かなりの数の曲を書いているのにネタ切れしないシンガーソングライターの1人。
すごいねえ〜。
勘違い
勘違い

posted with amazlet at 12.12.14
安藤裕子
cutting edge (2012-03-28)
売り上げランキング: 36671
第4位 Galileo Galilei 「POTAL」
大手からデビューしたのになかなか人気に火がつかないギターロックバンドが転換期を迎えたようです。
ここにきて急に電子音楽の宅録にシフトして、メンバーも2人脱退。
これからどこまでいけるか期待してます。
PORTAL
PORTAL

posted with amazlet at 12.12.14
Galileo Galilei
SME (2012-01-25)
売り上げランキング: 26830
第3位 伊藤文暁「frienemy」
serial TV dramaとanother sunny dayとバンドのヴォーカルを務めていた伊藤文暁のソロ作。
ソロというだけあって歌モノのメロディーで一番聴きやすい。
ストリングスがこれでもかこれでもかと入ってます。
奇跡の歌声というキャッチコピーで見かけますが、私の印象だとストレイテナーのホリエアツシの声をさらに甘くした感じです。
この作品の後にリリースもライブもないけど大丈夫なのかね。
frienemy
frienemy

posted with amazlet at 12.12.14
伊藤文暁
DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT (2012-05-23)
売り上げランキング: 224208
第2位 中村中「聞こえる」
名盤になった前作「少年少女」に並ぶ出来の中村中の最新作。
アルバムを通してのコンセプトがしっかりしていて、いろんなアプローチの曲がストーリー性の高い詩で1本の糸に紡いであります。
斜に構えた人間が思わず姿勢を正してしまうほど情熱に溢れたアルバムです。
震える〜。
聞こえる
聞こえる

posted with amazlet at 12.12.14
中村 中
ヤマハミュージックコミュニケーションズ (2012-04-18)
売り上げランキング: 52755
第1位 転校生「転校生」
今年のナンバーワンは突然現れた新星、転校生のデビュー作。
彼女のこれまでの人生を詰め込んである内容のわりに、ほとんどの曲はキーボードとその他の楽器のシンプルな音だけで複雑なアレンジはなく、詩もメロディーも歌い方も力が抜けている。
10代のつぶやきをそのまま歌にしたらこんな風になるのかもしれない。
初期のYUIもこんな初々しさや危なかっしさがあった。
人生で1回しか作れないアルバムだと思う。
転校生
転校生

posted with amazlet at 12.12.14
転校生
EASEL (2012-05-02)
売り上げランキング: 16912

10本の指には入らなかったけど、他にも好きなアルバムはたくさんありました。
シングル多数でほぼベスト盤になっちゃったけどアルバム曲も手を抜いていない安室奈美恵、
来年はもっと飛躍してほしいHEAVEN STAMPのデビュー作、
やっと再結成してくれたNO DOUBTが音楽の力量を見せつけたオリジナルアルバム、
太ったけど曲の魅力は変わらないAlanis Morissette、
「街の名前」が良かったBONNIE PINK、
メンバーが増えて次またいつ減るか見もののくるり、
今さらエレポップを始めたけどやっぱり天才のNE-YO、
売れてるからいい楽曲が集まってさらにまた売れるという良スパイラルが止まらないRihanna、
完全にジャンルを1つ作ってしまった感のあるそろそろフォロワーが出てきそうな貫禄のMUSE…といろいろいるけどやっぱり転校生が一番オススメです。

この記事も読まれています。