2010年、今年の10枚

今年はどうにもこうにも新譜を聴いてない。それでも強引に10枚引き出してみる。来年は10枚も出てくるかしら…

10.Rie fu / at Rie sessions

at Rie sessions(初回生産限定盤)(DVD付)

昔から知っていたRie fu。
BONNIE PINKとキャラが被ってることもあって避けていたがあー…。
LEO今井とのコラボでなんとなく聴いてみると過去のアルバムをさかのぼってどれもいい。
これは聴いておくべきだった。
食わず嫌いなんだ。
もすごくいい。

9.DELPHIC / Acolyte

Acolyte

夏によく聴いた。
あとはリアーナたんとか、ニーヨとかアッシャーとかアゲアゲなやつは一通り。
おかまだもん。
でも、キャッチーなものばかりだなあ。
学生時代ってなんであんなに洋楽にまで手が回せたのか、理由は時間じゃなくて感受性だと。

8.Kimonos / Kimonos

Kimonos

LEO今井の新しいユニット。
LEO今井としての曲があまりに長い間リリースされなかったので、俺のLEO熱もかなり冷めてしまった。
これが人間の本質なのか?でも、このアルバムはとてもいい。
ライブもやったらいいな。

7.ストレイテナー / CREATURES

CREATURES

とても聴きやすい。
これぞUKインディーズみたいな。
俺が高校生だったときには毎日こんなのばかり聴いていた。

6.椿屋四重奏 / 孤独のカンパネラを鳴らせ

孤独のカンパネラを鳴らせ

歌謡曲を大切にしているバンド。
ボーカルが好きだと公言している安全地帯に時々似た歌い方をしているときがあって、本当に好きなんだなあと思う。
俺も最近、安全地帯を聴いている。

5.フジファブリック / MUSIC

MUSIC

遺作にあたる作品。
死因はわからないけど、彼は孤独に囚われていたんだなあと感じる作品。

4.くるり / 言葉にならない、笑顔をみせてくれよ

言葉にならない、笑顔をみせてくれよ(初回限定盤)(DVD付)

アルバムを出すたびに毎回変なことをしているから、毎回凹んで「もう聴かない」と思うんだけど、必ず最後は好きになる本当に変だよくるり。

3.ACO / devil’s hands

devil’s hands

5年ぶりのアルバム。
今年の4月にライブに行ったのが懐かしい。
あの頃、狂うほど聴いたアルバムを作ってくれた人は今も裏切らない作品を作っている。
本当にうれしい。

2.七尾旅人 / ビリオン・ヴォイシズ

ビリオン・ヴォイシズ

彼の作品の中じゃ一番敷居が低いアルバムみたいで、だからこんなに聴けたのかもしれないけど、とにかくよく聴いた。
人の頭の中を覗いてるみたいで楽しい1枚。

1.AAA / 逢いたい理由

逢いたい理由(DVD付)

自分の恋人を洗脳してまで小室哲哉の復帰にハアハアした1年だった。
なんだかんだ言っても好きなものばかり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*