朝のひとりごと

汗を拭う 日中はまだ暑い。 腕立て伏せを朝夕に80回ずつ。 腹筋を50回ずつ。 にじむ汗。 地味な筋トレ。 実家と相方の家どっちつかずの俺はジムに入会するのはためらったままだ。 同棲のような生活だが、決して同棲ではない。…
View Post
Share
View Post

27歳になった。 「いつ死んでもかまわないよ。倒れても俺は平気」何の自慢にもならないセリフを吐いてきた。 そんな俺が昨日街の真ん中で突然めまいに襲われた。 足元に何か当たって尻もちをついた。 あまり周りに人がいなかったけ…
View Post
Share
View Post

ある朝

生ぬるい風、熱帯夜。冷房で冷えていた肌がじんわり汗ばむ。 近くのネットカフェからふらついた足取りで家へ帰る。 広い道路に車はないが、なんとなく信号を見上げた。 ヒトの気配は後ろのコンビニだけだ。 ほてった街は一応寝静まっ…
View Post
Share
View Post

先の見えない幸せを少しでも。

青い空の下、歩く男二人。 冴えない表情の片方。 今朝の夢。 また誰かが俺を殴ったんだ。 蹴ったんだ。 転がるように起きて、放尿してるうちに細かい部分は忘れたけれど。 あなたは時々俺を「怖い」と言う。 俺もあなたが怖いとき…
View Post
Share
View Post

その歌その音そのリズム

歌がこんなに好きなのに歌がこんなにヘタクソっつーのは少しかなしい。 それでも歌を口ずさんでいると、いろいろ慰めをもらう。 「タカヒロより下手い人、この前いたよ」 「上手い歌を聴きたいならCD聴けばいいしね。自分の解釈で歌…
View Post
Share