陰るBL感

BL

先日、古本屋でボーイズラブ漫画を買ってしまった。
まほろばくんから「え。それBL?」と聞かれたので「違うよ。ボーイズラブのコーナーになかったし、掲載雑誌もこんなだし」と慌てて否定したんだけど、ボーイズ同士でラブしてりゃBLということらしい。
ああ。こりゃしまった。
格好悪いと自意識過剰にもなってみたけど、なにはともあれ、読んでみるかと広げる。
ゲイとして読むと実際はこんな〜なんてナンセンスな思考回路になるけど、恋愛ドラマは何でも設定が命だからね。
俺はネットが普及してなかった最後の世代なので、高校生の頃にゲイ同士で知り合うなんて雑誌の文通コーナーぐらいしかなかった。
とは言ってもその雑誌も一応18禁なわけで、しかもそれを買う勇気なんてなかった。
(結局おばさんがレジのときに買ったけど)なのに高校の同級生とたまたまそういう関係になってしまい、悩んだ経験は強烈なインパクトで自分の中に残っている。
その傷をチクチクと刺激してくれて、感傷に浸れる…のが意外にBL漫画みたい、俺には。
主人公が学校で泣いたりしてるシーンや背徳感に眠れないなんてシーンにうんうんとうなづく…でも、さすがにこれ一冊でお腹いっぱいだ。
感傷に浸るほどの感傷が自分の中にもうあんまないみたい。

2 comments

  1. 僕はBLがめちゃくちゃ好きですよ、妄想できますから(笑)
    しかも主人公が似ているし、強面が美少年を好きになる、
    みたいな図がよくあって更に萌えますww
    まぁ、現実的ではないのでシュンってなりますが…。
    「子連れオオカミ」ってBLマンガ(父×父)ってのが
    エロいしおすすめです。

    1. 子連れオオカミ、ググッてみたよ。
      2人の親父が赤子を抱えとらー。
      BL好きな子に訊くとゲイ自体には興味ない場合が多いみたいね〜
      現実は大変ですな〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*