菜の花ガールズオーケストラ

愛の空間 (響きわたるシベリア杉 シリーズ3) (アナスタシア第3巻) (響きわたるシベリア杉シリーズ 3)

“きょう公園の横を通りすがると桜が満開だった。お前と遊ぶときは葉桜もないだろうなあ”
神戸の彼と付き合ってる。
遠いかなまだ近いほうなのかな、たしかに遠いなあ。
彼のここがいいとかそんな風には言えない。
ただ、話しているとすごく居心地がいい。
そんなに会えるわけでもない。
でも、会えないまま連絡とれないまま何年経たからか、”会える”ことのほうが不思議な気がする。

オレのだいすきな言葉に”本気で会おうとおもえば会えないひとはいない”という言葉がある。
初恋の相手でも、連絡をとってない友だちでも、むかしの恋人でも本気で会おうと思えば互いが生きていれば会えないひとはいない。
調べるツールもあるし、お金と時間をつぎ込めば海外だって行ける。
~地球の裏側のあなたに会いたい~映画「ブエノスアイレス」じゃないけれど。

友だちが緊急を要するなら深夜3時でも駆けつけられる時代。
だから、お前とはいつだって会える。
胸をしめつけるような懐古のくりかえしだったオレの1日がいつの間にかアップデートされた。
動きだした。

この記事も読まれています。

スポンサー広告

← Previous post

Next post →

2 Comments

  1. おめでと(^0^)/
    遠距離でなかなか大変だと思うけど、応援しマス!

    人との縁って不思議だね、先が読めないからねwww

  2. イイ言葉ですねー
    それでもやっぱり友達と連絡をとりつづけるのって難しいです・・・。
    いつでも会えればなかなか会わず・・・いつでも連絡とれるととらず・・・
    そこらへんをもっとアクティブになりたいです!

コメントを残す

© 2016 POTI.ONE-ONE / ぽちわんわん