自分が為を恥ずかしく思うのである

Metro

週末、としかずとLEO今井のライブに行った。
会場は梅田Shangri-La。外観も内装も凝っていて昭和の時代にタイムスリップしたような気分。
前を走る道路わきの街灯も全部白熱灯である。

「Connector」でライブスタート。いきなりテンション最高潮。
「High Speed Window」「Rush」「Metro」ロック色の強い曲が続く。
途中、トークをはさんでインディーズの頃の曲やTalking Headsのカバーを披露。
Talking HeadsはプロデューサーのBrian Enoを知ってるくらいで原曲は知らなかった。
マニアックだなあ。
でも、LEO今井は本来こういう曲やりたいのかなあと聴きながらおもう。
そして意外なことに今回のアルバムの最重要?とおもっていた曲「Word」をやらなかった。
同じかんじのシングル曲「Blue Technique」もしなかった。
そして新曲は全英語詞の静かな感じ。
今後が気になって仕方がないLEO今井だけれど、ライブはかなり盛り上がっていたのである。
手足をバタバタさせて踊り狂うひともいて、こんなディープなファンがもっと増えればいいんだろうなあ。
ちなみにグッズは全種類完売するほどはけていた。もっと作ればよかったかもね。

ライブハウスからの帰り道、地下道を通ったのだけれど、ライブを観終わったひとがぞろぞろ歩いていてまるで集団下校。
何故か少し恥ずかしかった。

たまたま見つけたインドカレーのお店で福神漬けと勘違いして、赤い何かをスプーン一杯に頬張ってしまい死にそうになった。
お店のひとが慌てて水とラッシーを持ってくるくらいやばかった。
飲み込んじゃったのだ。
炎が吐けそうだった。
LEO今井のあとも大阪にいたのだけれど、思い出そうとしてもほとんど食った記憶しかない。
たこ焼き、お好み焼き、ミスド、マック。あれ後半、大阪関係ねえな。
それと2年半ぶりの友だちとやっと飯を食えた。
元気そうだった。
マスクしてたけど。
自分で焼くたこ焼き屋で店員から注意ばかりされたので、オレはたこ焼きを焼くことを放棄してしまった。
カンニング竹山が主演している映画を観たんだけれど、その映画館にバッグを忘れてしまい、忘れたまま福岡に帰ってしまい、としかずに「ああもうiPod盗られたにちがいない!おまえのせいだ!」と因縁つけたけれど、結局無事だった。
だから一応謝った。
しかも、頼みもしないのにオレが電車に乗り遅れることを心配して梅田に待機していた彼が取りに行ってくれたのだ…

この記事も読まれています。

スポンサー広告

← Previous post

Next post →

4 Comments

  1. ryo-taちん>

    そんなに太ったかなあ…(–;;
    大阪のせいです。
    大阪のせいなのです。
    ライブたのしかったね!!

    ぷうしゃん>

    おやおやコメントおひさしぶり。
    もう忘れられたんやないかと寂しい限りでしたばいww
    油べちゃべちゃにした挙げ句店員から指導…ワロタwww

    沖縄の桃尻娘>

    アレだのコレだのソコだの言われてもわかんなーい。
    赤ちゃんってなんでできるの〜?
    マスターベーションってどこかの駅のこと??

  2. でへへーっと、

    だね、ほんといい写真だ。
    見てるこっちがニヤけちまうくらい。

    で、例のアレってもってったのかな?笑

  3. 放棄せず焼いてください。
    あと紅しょうがは少なめに。
    あたしは油控えめに。。。

    楽しい時間をありがと。
    また会えるのを楽しみに

  4. さてさて今週もライブですよぉ~(笑)

    ラブラブな2ショット、ゴチです。
    2人共穏やかな優しい表情で、とっても好きですこの画像!
    まぁしかし食い三昧な感じやねぇーwww

コメントを残す

© 2016 POTI.ONE-ONE / ぽちわんわん