正常・異常

クレイジー・ママ [DVD]

祖母の家の帰りに父がうちに寄ったので「あ、おばあちゃん元気にしてた?」と聞くと、「正常だったよ正常。じゃ!」とブオオオオンと走り去って行きました。
ま、まあ…正常が何よりですが、正常ですか…正常。
ばあちゃん…

僕はすごく正常とか異常とかいう言葉が好きなもんで、ドラマとかで「それは異常よ!」と断定するシーンがあったら痺れます。
異常はよく非凡と混同されているせいか、なるべく異常ぶりたい芸術家は多いです。
しかし、どんなに危険な映画を撮っても、「やっぱり正常だわ、この監督」という場合もあれば、4行の走り書きにさえ狂気が見え隠れする本物のクレイジーもいます。
どこまでが演出でどこまでか本気かわからないですが、ビョークや鬼束ちひろは才能も狂気も本物な気がします。
僕も昔から憧れていました…
才能のある異常者に…
しかし、気づきます。
全・部・中・途・半・端。
これは最悪ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*