映画「休暇」を観た。

「死刑執行の際の支え役を務めれば一週間の休暇をあたえる」
本当にこんな規則が刑務官にあるのかはオレは知らない。
それでも、映画のなかでは有給休暇を使いきってる男が新婚旅行に行くためにこの“支え役”を申し出る。
観ていて息苦しくなるような重苦しい映画というのが感想。
ひとりで観に行ったんだけれど、デートで来なくてよかったあと思った。

主演の刑務官役の小林薫は置いといて…というかオレは大好きな西島秀俊が出てるという短絡な理由で観に行ったので、とにかく死刑囚役の西島秀俊に集中した。
それにしても死刑当日の流れをここまで丁寧に撮った映画もない。
本当に死刑が執行されるときはこんな感じで人間死ぬんだろうなというリアリティのある演出。
観ていて普通に具合が悪くなるようなかんじだった。
西島の演技もよかった。よかったぶんオレはさらに具合が悪くなった。
オレのヒットポイントを根こそぎ奪って映画は幕を閉じた。
映画館の外に出ると冷たい風が頬に当たる。“生きている”を実感。

自分の休暇のためにヒトの死に加担する。
刑務官という仕事に就いてるのなら死刑に携わることは仕方がないと思うけれど、今回の話は「たかだか“休暇”のために」というのがポイントなんだろうな。
でも、仕事をして休暇をもらうのは当たり前だと思う。
しかし、オレは死刑は反対だなあ。ヒトがヒトを殺していいのかな。

西島秀俊のクライマックスの演技は一見の価値はあると思う。
オレは「支え役」という仕事がなんなのか勘違いしていたんだけれど、わからない人は映画を観てから知ってほしい。
盛り下がるから元気がない日は行かないほうがいい。

休暇 [DVD]
休暇 [DVD]

posted with amazlet at 14.02.17
ポニーキャニオン (2009-05-20)
売り上げランキング: 17,805

この記事も読まれています。

スポンサー広告

← Previous post

Next post →

4 Comments

  1. たかひん

    まき> そだよー。生きるってすげーことだなあって思い出させてはくれるんだけどね
    いかんせん暗すぎてパワー吸い取られるww

  2. じゃあ毎日盛り下がってる人は観に行ったら一緒に
    死にそうな勢いですね(;∀;)

  3. たかひん

    としかず>

    「ダンサー・イン~」よりリアルかも^^;
    オレはあの映画も好きなんだけどね
    救いがないようなあるような…

    林檎、チケット自体は完売してるからね
    2万の席はどうかと思うけれど、オレの周りもなんだかんだで
    あらためてベスト買ったりしてるひと多いよ。

    シロップは五十嵐がソロ始めたみたいで、聴いたことないけれど
    明るいらしいね曲がw
    ヨエコは生歌聴く前に…あの人そんなにきつかったの?w
    ちさこと月子は売れてないからね
    日本の音楽界女ロックは林檎を超えて支持されるヤツはなんだかんだでいないね…

  4. としかず

    コメント久々だー

    ポイントは違えど
    ビョークの「ダンサーインザダーク」でヘコんだ俺は見ない方が良いのでしょうか

    とりあえず、今心配なのは
    さいたまスーパーアリーナ3日間、林檎が集客出来るのかということです

    ところで
    Syrup16gも解散
    ヨエコも廃業
    ちさこは消滅

    続いて月子も引退

    何か憑いてるのかな、俺。

コメントを残す

© 2016 POTI.ONE-ONE / ぽちわんわん