映画「ゼロ・ダーク・サーティー」を観た。

「ハート・ロッカー」を撮った監督が新しく映画を撮ったらしいので、今日観た。
珍しく映画館が満席だったのが印象的。
そんなに注目作なのかな。
あるCIAの捜査官がオサマ・ビン・ラディンを発見し殺害するまでの7年間を追っているドキュメンタリー風の映画なんだけど、その捜査過程がすごい。
すごいというかひどいと言うべきか。
ありとあらゆる科学テクノロジーを駆使したような衛星からの捜索と同時に進む原始的なテロリストに対する拷問による捜査がどちらも人間がどれほど恐ろしく醜い生き物なのかを嫌というほど訴えてきて、もうしばらくこういう話はいいやというほどグッタリきた。
でも、それほどこの映画はいい作品だということなんだろうなあ。

ゼロ・ダーク・サーティ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
Happinet(SB)(D) (2013-09-03)
売り上げランキング: 202

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*