悲しさのめじるし

若き日の哀しみ (創元ライブラリ)

昨日の夜、すごくすごく悲しかった。
なにがって?すごくすごくものすごく悲しいからさ。
そんなふうでも一晩経つと元気になるね。
そして完璧な朝がくるのさ。毎日毎日くるんだ。それはそれは完璧な朝。

息をのむように喉が動いて、無音という音に包まれた。
暗闇という色が眠れないという時間がオレから理性を奪ってしまった。

悲しい悲しいこと。それは儚い夢のようでうれしいことと同じくらいあっけない。
動き出す街の音に隠れてしまって、もうないよって顔をする。
一番忘れたくないからいつだって忘れちまう。

この記事も読まれています。

スポンサー広告

← Previous post

Next post →

3 Comments

  1. たかひん

    taka-takaさん>

    こたつにみかんは最高です↑↑
    さいきん寒いよね…それでも暖房機具いらないんだけれどw
    黒いベストはオレがもらったぜフハハハハ

    まき>

    天才子役だから24時間いつでも泣けるのだw
    沢尻になる日もす遠くない…
    でも、いやなことも結局時間が解決するのかのぅ@@

  2. 会って話がしたいですよ・・・どんなに悲しいことがあってもちゃんと
    朝は来るんですよね、お腹も空くし眠くなるし。
    泣かないでなんて言われるほうがきっと辛いから、気が済むまで
    泣いてください(;_;)

  3. taka-taka

    じゃんぼザウルスよ泣かないで・・。
    悲しい・淋しい・苦しい・恋しい・愛しい。
    眠れない夜は、電話で朝まで話そう。
    悲しい夜は、ギュッとしてあげよう。
    淋しい夜は、愉しい音楽ならして、よるのドライブに行こう。
    みんな、本当のはなし。
    夢じゃないぜ。
    本当の事。
    だから、泣かないで・・。

コメントを残す

© 2016 POTI.ONE-ONE / ぽちわんわん