怪物

百道浜

僕は童話が好きでした。
アンデルセン童話、グリム童話、よく読みました。
祖母の家に古くて大きな童話全集がありました。
丁寧に描かれた挿絵と、昔のものだけあって子供用の表現に変換されていない内容が刺激的でした。
童話って結局死んだり、殺したりばっかりなんですよね。
日本昔ばなしの歌のレコードも好きでした。
陽気な子どもたちの声で歌われているのですが、よく聴くと内容は残酷です。
ウサギは皮を剥がれますし、タヌキは火をつけられます。
「カチカチ山」も「猿カニ合戦」も身内を殺された者の復讐物語です。
昔から人は復讐物語が好きなんだと思います。
結局そんなものばかり読んで聴いていたために、ホラー映画フリークになってしまいました。
小人、ゴブリン、怖い顔をしたキャラクターが本当に好きなんですよねえ。

お伽草紙 (新潮文庫)
お伽草紙 (新潮文庫)

posted with amazlet at 14.02.17
太宰 治
新潮社
売り上げランキング: 20,537

4 comments

  1. 百道浜だったんですか!
    行ったのは、幼稚園の時なんであんま覚えてないですがー普通に綺麗だったような笑

    関西人ですよー!

  2. これまた、綺麗な海ですこと!
    題名が怪物なだけあって、顔怖いっ笑

    グリム童話はばあちゃんが好きやったんで、何回か読んだことはありますー…が、

    あまり明るい感じではなかったんで、好きではなかったかもしれへん…でも

    カードゲームやらのゴブリンとかは、怖いとカッコいいを二つ持っていて、好きでしたね笑

    1. 関西弁ということは、関西にお住まいなんでしょうか。
      百道浜は昔は汚かったのですが、いつの間にか綺麗になっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*