小室ソングのランク付けをします。
Tetsuya Komuro Interviews Vol.2 (1990s)

わたくしの愛する小室哲哉。
その手がけた楽曲は1000曲以上です。
それらをABCDEの5つランクに勝手に格付けすることにしました。
すべてわたくしの主観ですので異論はございましょうがご了承くださいませ。

たかひんのランクA
たかひんのランクAは代を超えて聴き継がれる価値のある至極の名曲です。彼の力にさらに奇跡が起きて出来上がった曲です。
globe「FACES PLACES」
globe「DEPARTURES」
globe「SWEET PAIN」
globe「Feel Like dance」
TRF「BOY MEETS GIRL」
安室奈美恵「Don’t wanna cry」
安室奈美恵「SWEET 19 BLUES」
華原朋美「I’m Proud」
華原朋美「LOVE BRACE」
Aランクの曲は、globe、trf、華原朋美、安室奈美恵にしか提供されていません。このレベルになるとわたくしの評価と世間の評価が同じぐらいです。
たかひんのランクB
たかひんのランクBは小室哲哉の絶頂期の才能がいつも通り十分に発揮された秀逸な楽曲です。
globe「FACE」
globe「Perfume of love」
globe「wanna Be A Dreammaker」
globe「try this shoot」
globe「Many Classic Moments」
globe「genesis of next」
TRF「LEGEND OF WIND」
TRF「masquerade」
TM NETWORK「Get Wild」
安室奈美恵「RESPECT the POWER OF LOVE」
安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE」
華原朋美「just a real love night」
華原朋美「I BELIEVE」
篠原涼子「恋しさと せつなさと 心強さと」
鈴木亜美「love the island」
渡辺美里「My Revolution」
ここでTM NETWORKや篠原涼子、鈴木亜美などのヒット曲も入ってきます。ちなみに華原朋美の1枚目のアルバム「LOVE BRACE」はすべてランクB以上の曲で構成されている小室哲哉史上最高に力を注がれたアルバムです。
たかひんのランクC
たかひんのランクCは「これは小室プロデュースです」と堂々と人に紹介できる楽曲です。
AAA「逢いたい理由」
AAA「No cry No more」
globe「Soldier」
globe「Judgement」
hitomi「by myself」
hitomi「PRETTY EYES
H Jungle with T「Going Going Home」
Sowelu「29 Tonight」
TK PRESENTS「YOU ARE THE ONE」
TM NETWORK「I Am」
TRF「survival dAnce 〜no no cry more〜」
TRF「We are all BLOOMIN’」
安室奈美恵「PLEASE SMILE AGAIN」
安室奈美恵「Body Feels EXIT」
華原朋美「save your dream」
華原朋美「Hate tell a lie」
小林幸恵「TOO SOON」
篠原涼子「Lady Generation」
鈴木亜美「our days」
鈴木亜美「alone in my room」
トーコ「ふわふわ ふるる」
トーコ「tohhikoh」
トーコ「take a breath」
浜崎あゆみ「crossroad」
浜崎あゆみ「Love Song」
復帰後の曲がようやく6曲入ってきました。逆に言うとこの6曲以外はボツ曲であるということです。
たかひんのランクD
たかひんのランクDはまあまあ、もう一歩ね…という感じの曲です。
DiVA「インフォメーション」
dos「Baby baby baby」
dos「close your eyes」
globe「Here I am」
globe「new deal」
hitomi「BUSY NOW」
hitomi「Sexy」
H Jungle with T「Friendship」
KISS DESTINATION「MA BA TA KI」
MIYUKI「Feel the Revolution」
Suirei「レスキュー・ミー~奪回愛恋」
SUPERGIRLS「Be with you」
taeco「deep GRIND」
TRF「CRAZY GONNA CRAZY」
TRF「EZ DO DANCE」
内田有紀「Only You」
内田有紀「BABY’S GROWING UP」
大賀埜々「Close to the night」
華原朋美「たのしく たのしく やさしくね」
華原朋美「LOVE IS ALL MUSIC」
北乃きい「花束」
坂口実央「ENJOY BAD DAYS,ENJOY GOOD DAYS」
鈴木亜美「nothing without you」
鈴木亜美「reality」
円谷憂子「Mystery of Sound」
中森明菜「MOON LIGHT SHADOW 月に吠える夜」
中山美穂「50/50」
バブル青田「ジーザス」
浜崎あゆみ「Last Angel」
浜崎あゆみ「Virgin Road」
未来玲可「海とあなたの物語」
観月ありさ「Don’t Stop Now」
観月ありさ「Promise to Promise」
宮沢りえ「NO TITLIST」
森進一「眠らないラブソング」
短期間で終了したプロジェクトに提供された楽曲はほとんどDランクの曲です。後期のglobeもDランクの曲ばかりで、当時から既に大変心配でした。
たかひんのランクE
たかひんのランクEは耳を疑うような駄曲です。なぜこの曲をシングルで出したのか?といまだに謎が残る珍曲です。あまりにヒドいのでかえって価値があるという迷曲ばかりです。
hitomi「Let’s Play Winter」
hitomi「WE ARE “LONELY GIRL”」
globe「MISS YOUR BODY」
globe「biting her nails」
globe「とにかく無性に・・・」
華原朋美「I WANNA GO」
華原朋美「tumblin’ dice」
華原朋美「here we are」
華原朋美「daily news」
麒麟「サイクリング リサイクル」
沢口靖子「Follow Me」
鈴木亜美「happy new millennium」
鈴木亜美「thank you 4 every body」
仲間由紀恵「MOONLIGHT to DAYBREAK」
華原朋美の「I WANNA GO」以外の3曲は楽曲のレベルはむちゃくちゃ高いのですが、いかんせんボーカルが放送事故のような状態なので華原朋美を愛してるファンでないと聴けたものではありません。鈴木亜美の後期の迷走っぷり、hitomiの初期のボーカルもヤバすぎる代物です。

以上がまったくの独自のランク表になります。
小室哲哉に愛された人間が愛されている期間だけ最高の楽曲を手に入れています。
そして、globeとhitomi以外は全員1枚目のアルバムが1番クオリティが高いという法則があります。
なんだかすごく無理、無駄、ムラがある生活と音楽活動をしているように見えるのですが、そこがまた魅力であります。

1 comment

  1. ピンバック: | アニソング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*