ザ・カエル―世界のカエルの飼育がわかる本 (アクアリウム・シリーズ)

まほろばくんの友達とはカラオケに行ったあとに晩飯を一緒に食ったんだけど、とても創作的な人でコーヒーを飲んでいると、手製の絵本を見せてくれた。
詩を書くのは知っていたけれど、ロボット、戦争、イルカ、ドラゴン、子供、伝説…いろんな要素の絵本を沢山見せてもらった。
言い訳ばかりでポートフォリオが全然充実しない俺はなんなんだ…と自答もした。
「才能とは続けること」という言葉がぐわーんぐわーん。
ホテルの慣れない天井を見てるとどうしようもない不安が溢れ出してきそうになったけど、体を起こすと「ぽきゅなにもなやみない」ことに気づく。
はっと気づけば終わってしまいそうな夢のような、幸せに慣れることができないできない…慣れたくない。
なんてねごめんね。

この記事も読まれています。