人生にきっかけをくれる人

お金を出しても、情報が得られなかった時代

僕の青春時代はネットがなかったために、今と比べて恐ろしく情報が入ってきませんでした。
知らないことはそのまま知らずに生きていく、そんな時代です。
そんな時代に、貴重な情報をくれた人には今でも恩義を感じています。

アホみたいに映画観ることを教えてくれた人

レンタルビデオ屋で端から端まで全部観ていく友達がいました。
これなら簡単に真似できそうな気がしました。

映画マニアの社会学
映画マニアの社会学

posted with amazlet at 14.02.14
熊沢 誠 木本 喜美子 清 真人
明石書店
売り上げランキング: 719,356

Photoshopを教えてくれた人

第一印象は「色が変わる機械」という感じでした。
でも、高いし、どこで買うのかもよくわかりません。
スキャナもなかったので、手が出せませんでした。

Adobe Photoshop Elements 12 Windows/Macintosh版
アドビシステムズ (2013-10-11)
売り上げランキング: 10

htmlを教えてくれた人

今じゃ常識だと思いますが、僕は画像のリンクの仕組みがわかりませんでした。
紙と鉛筆で図を描いて、「ここにhttp://〜でね、画像のアドレスを書いてね?」
「え?どういうこと?文章を描いたら表示されるの?なんで?」
「そ、それは…」
というやり取りを30分くらいしたのですが、その日は意味がわかりませんでした。

スラスラわかるHTML&CSSのきほん
狩野 祐東
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 726

ゲイの個人サイトの存在を教えてくれた人

ゲイ雑誌のBadiでロビという方が「タマお魚」というサイトをやっていることが紹介されていました。
「顔出してるんだ」と驚きながらも、そのサイト名と内容を参考に「ポチワンワン」という名前でサイトを始めました。
そのときのリテラシー感覚で現在までやっているので、こんなにあっぱらぱーなんです。

ゲイのボクから伝えたい 「好き」の?(ハテナ)がわかる本──みんなが知らないLGBT
石川大我
太郎次郎社エディタス
売り上げランキング: 171,068

情報が溢れる時代

知らなければよかったことというものがこの世界には溢れていると思います。
しかし、要るか・要らないか・どっちでもよかったかは、知ってからしか判断できません。
情報はどこかから破れて、溢れていくその特性上、人間は知っていくしかないのです。
ゲイという情報がなくても、男にドキッとすればゲイはいずれ自分がゲイだと気づくでしょう。
隠して蓋をしても、時間はかかれどきっと同じ場所にたどり着くと思います。
ゲイに関する知識は「生き方」でも「セックス」でも、いくらでも手に入ります。
昔と違って、闇雲に手を伸ばして情報収集する必要はありません。
危険なことは危険とわかる時代です。
しっかりと落ち着いて対処していけば、必ず豊かな人生につながると思います。

プロフェッショナルの情報術 なぜ、ネットだけではダメなのか?
喜多あおい
祥伝社
売り上げランキング: 122,222

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*