人体実験

Yawning koala bear

アモキサンという薬があります。

>>脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンやセロトニンの量を増やし、神経の働きをよくします。
>>ノルアドレナリンの増加は「意欲」を高め、セロトニンの増加は不安感をやわらげ「気分」を楽にするといわれます。

この薬を飲むことをやめようと思って今減らしています。
代表的な副作用に口の中が乾いたり、便秘になったりすることがあるのですが、それは我慢出来るんです。
ただ、なかなか痩せないのはやっぱりこれが原因だと思うのです。
代謝が悪くなってる気がします。
お医者さんに言うと「そんなことないと思うけどね〜。でもやめたいならやめたらいいじゃん」と言われるのです。
そこで過去にも何度か減薬に挑戦したのですが、アモキサンをやめると急に元気がなくなるのです。
ベッドから起き上がれない…とそこで毎回挫折していたのですが、今回は本気です。
ゴールデンウィーク中に神戸に行って、その数日後に名古屋にも行くので、いまちょうどSOHOの仕事をまったくとっていません。
だから、いくら具合が悪くなってもいい時期なのです。
なので、自分の身体で絶賛人体実験中なわけです。
そういうわけで今日は夜の7時過ぎてようやく起きたのですが、なんかもうだるくてやってられません。
しかし、こうなったら意地でやめるつもりです。
これでアモキサンやめることに成功しても、痩せなかったら悲惨ですねえ。

3 comments

  1. 大変な状態みたいで、
    変わってあげられもせず
    どんな、気持ちかも、
    わかってあげられず
    頑張ってとしか、言えず
    すいません。
    あまり無理は、せずに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*