アセクシャルってどういう人?

「アセクシャル」って僕自身がゲイであるせいか、結構慣れ親しんでいる感のある言葉です。
そうして見慣れているかというと、「ゲイ」について調べれば横に並んで記載されていることが多い言葉だからです。
そして、今まで会った人のなかで「あの人はアセクシャルかも」なんて勝手に決めつけたりもしていたのですが、先日なんとなくWikipediaで調べてみるとどうやら僕のアセクシャルの定義は間違えていたようなのです。
いままで間違えていたと驚愕し、あごに手を当ててブルブル震えるまではいきませんでしたが、結構目からウロコでありました。
それではWikipediaから勝手に抜粋して解説いたします。

まず、アセクシャルは他者に対して恋愛感情や性的欲求を抱かない人をいう。
ふむふむ、そうだねそうだね。とここまでは予想通り。

なお、性欲自体がないことを指してWSD(Without Sexual Desireの略)という言い方がある。
へー。では、あんまりエロいことに興味がないだけじゃアセクシャルじゃなくてWSD?って言うのか…と考えながら読み進めると…

「性的指向がない」、「性的接触を嫌う」、「性欲がない」の3つは明らかに別物であり、関連性はあるもののそれぞれ独立しているため、これらを区別せずにAセクシュアルと呼ぶことは混乱を招く。無性愛は性的指向が無い状態であり、異性愛・同性愛・両性愛・全性愛の性質のいずれにもあてはまらない状態がAセクシュアルとなるため、ヘテロのAセク、ゲイのAセク、ビアンのAセク、バイのAセクのような表現は成り立たないのである。
要は「エッチが嫌い」「性欲がない」ということより精神的に人を好きにならないことの方が重要で「ヘテロのAセク」「ゲイのAセク」なんていないということなんです。

でも、やっぱり難しい。
街を歩いていて「あ、あの人かっこいい」は精神的に好きなことに入るのかどうかよくわかりません。
男女両方に対して興味がないってのはある意味バイの真逆のようです。
前に見たアセクシャルのサイトでは性的接触を嫌う女の子が書き込みをしていることが多かったので、(なんでアセクシャルのサイトをそんなにチェックしていたのかは聞かないでください)やっぱり一番重要なのはセックスが嫌いなことかなと思っていたのですがどうも違うようです。
そう考えるとアセクシャルって思ったより少ないのでは?と思います。

「そもそもどの時点でも人を好きになったと認められるのか!?」
深夜にますます眠気がなくなるたかひんでありました。

この記事も読まれています。

スポンサー広告

← Previous post

Next post →

2 Comments

  1. マザーテレサ

    タカ品は汗臭い。

コメントを残す

© 2016 POTI.ONE-ONE / ぽちわんわん