たまには凹んでみませんか。

泣いてる男

大切な人が死んだときに音楽やいろんな芸術が発表されることが多い。
トリビュートなんちゃらみたいな作品群。
それだけ強い想いがあったってことなんだろうけど。
俺はそれが好きくない。
人生の出来事を何でもかんでも芸術の肥やしにしてるようでさあ。
「歌にしてようやくその死を受け入れ乗り越えた」なんていう話も聞くけど、そんなにすぐ乗り越えなくても引きずるくらいでいいじゃない。
何もしなくても受け入れて乗り越える日は必ずやって来るからねえ。
嫌でもやって来る。
それぐらい人間はしぶとい。
凹むときにはしっかり凹まないと強くたくましく生きてくだけの人生は味気ない。と最近すごく思うのです。

この記事も読まれています。

スポンサー広告

← Previous post

Next post →

2 Comments

  1. テレサ

    その陥没したまんまの顔をどうしかにかしろよ。

コメントを残す

© 2016 POTI.ONE-ONE / ぽちわんわん