そうそう、モリのアサガオはBL漫画なのだ。

郷田マモラ「モリのアサガオ」
少し前に漫画「モリのアサガオ」を読んだ感想を書いたのですが、この漫画を読むことをオススメする1番の理由を書くことを忘れました。

この漫画、描かれた方はゲイの作家ではないと思うのですが、限りなくボーイズ・ラブに近いんです。
主人公は序盤に彼女がいるのですが、死刑囚に対して尊敬や憧れに似た愛情を一方的に抱いているという設定なのです。
死刑囚が出てくるたびに、ほっぺを赤くして「ドキドキ」という擬態語が必ず描かれます。
全話を通すと一体何回ドキドキしてるんだ?というくらいの徹底ぶりです。
ただ、いかんせん話の主題と絵がこれなので、読む人は選んでしまうでしょうが、ゲイの社会派漫画好きにはぜひぜひオススメします。
愛すれば愛するほど、悲しい結末が待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*