「クロユリ団地」を観たぞ。

「クロユリ団地」

あくなきホラー映画好きとして、ひさしぶりに日本のホラー映画を観ました。
元祖「リング」の監督、中田秀夫の新作です。
「リング」で和製ホラーブームを巻き起こした張本人でありながら、ここ数年はあまりヒットもなく、「呪怨」の清水崇監督にポジションを奪われていた感じでした。
今回は観客が納得できるストーリーになっていて、「主人公がバカ過ぎる」という感想は持ちませんでした。
そして、本編より僕がブルッときたのは、「霊は家に憑くんじゃないの。人の心に憑くの」というセリフがあったことです。
清水崇の、霊がとり憑いた家を舞台にした映画「呪怨」の概念を真っ向から全否定する発言であり、中田監督のまさに「呪怨」を感じました。
本編の感想ですが、怖くはないですが、味のあるいい話でした。
怖くなかった理由は、低予算なのかなんなのか特殊効果・特殊メイクがあまりにやっつけ仕事で、そこがもったいなかったです。
邦画のCGの発展を切に願います。

クロユリ団地 スタンダード・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D) (2013-10-04)
売り上げランキング: 30,373

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*